ご挨拶

子の年に 未来へ希望 初夢は
   オリパラピック 世界遺産

 

令和2年2020年の初春を心よりお慶び申し上げます。

 昨年は、平成最後の4月に県議会議員選挙があり、6期目の当選をさせて頂きました。

そして、令和元年を、新たな気持ちで議員活動に取り組み、9月定例会には、代表質問をさせていただきました。

 今年は子年、十二支の最初の年であり、2020オリンピック・パラリンピックイヤーで、新しい時代の到来を感じさせる年であります。

 この一年は、未来へ繋ぐ大事な年であるとも言えます。

 また、ねずみ年は新しい運気のサイクルの始まりで

「子年は繁栄」という格言もあり、私たちの地域にも未来への大きな期待が持てると感じています。

 私も県議会議員として21年、4月には22年目に入ります。夢ある未来に向かって、初心を忘れず、ふるさと橿原市・高市郡発展の為、粉骨砕身真っ直ぐ一途に歩んで参ります。

どうか皆様、本年もご指導ご支援のほど、よろしくお願い致します。

 最後になりましたが、皆様の一年が素晴らしい年になりますことを心よりご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせて頂きます。

感謝