5つの政策をステップアップ

山本のぶあきが考える、5分野の重要な政策をご説明します。

自然エネルギー推進をステップアップ

日本の心のふるさと、自然に恵まれているこの奈良の地から、自然エネルギーを推進します!

原発より自然エネルギーを加速推進させることが得策です。政府の「エネルギー基本計画」に基づき、再生可能エネルギーの導入を積極的に推進します。

1.「奈良県エネルギービジョン」をより充実・強化するため、エネルギービジョンの供給面の目標を見直し、更に高く設定します。これを達成するための補助制度を整備します。

2. エネルギー政策と観光政策を連携させて、地域振興につなげます。 奈良を訪れる観光客に対して、スマートパッドを搭載した超小型モビリティを中心とする電気自動車をレンタルする事業を進めます。

橿原市・高市郡を中心とした南部東部の活性化対策をステップアップ

「奈良ブランド」を確立し、国内だけでなく海外へも発信します!

1.奈良県も関西の他県と協力し海外へ観光PRを行います。関空経由の外国人観光客を積極的に誘致します。

2.グローバル化する知識経済に対抗するため、南都・奈良の歴史、自然、文化から感じられる名産品を『奈良ブランド』として、SNSやTwitterなどでPRしていきます。

観光対策と企業誘致を通じて経済活性化をステップアップ

「県内企業の育成」と「県外企業の誘致」で雇用格差をなくします!

1.奈良県は県外就職率が全国一位です。ニーズのない雇用を税で無理やり創出するこれまでの就労支援を廃止します。民間同士、官から民間への人材流動化を徹底して強化し、奈良県内で雇用を創り出して就労支援を行います。

2.県内の衰退産業に対して、成長産業への転換を促して人材移動を支援します。あわせて、新規企業の育成も行います。また、高付加価値製造業を奈良へ誘致することで、雇用を創出します。例えば、農山村の6次産業化の推進による再生・活性化など、グローバル化する知識経済に適応できるよう、産業構造の転換を進めます。

消滅集落の減少をめざし少子高齢化対策をステップアップ

健康長寿社会の実現と真の弱者支援に徹し持続可能な制度を目指します!

1.総合型地域スポーツクラブの設置率は、奈良県は全国最下位です。総合型地域スポーツクラブを増設し、地域の住民が気軽にスポーツを楽しめる環境を整備し、健康長寿社会を実現します。生涯スポーツの指導者育成にも力を入れます。

2. 少子高齢化による疲弊から日本を救うため、徹底した少子化対策を行います。子育て環境が整わないために出産を躊躇している方の不安を解消するため、保育施設や病児保育、託児所を充実させるための施策を進めます。民間の企業等とも協力し、民間のアイデア・ノウハウを積極的に活用していきます。また妊娠を望み不妊治療を行う方のため助成制度を充実させます。

3.相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会を実現するため、障がい者の自立及び社会参加を支援する施策を行います。手話通訳等のコミュニケーション支援事業を充実・利用しやすいものにすると共に、幅広い県民の参加による啓発・広報活動を強力に推進してまいります。

奈良県の教育レベルをステップアップ

全国トップ水準の教育を復活させます!

1.現在は新規採用2 ~ 5年目の英語教員のみを対象に研修を実施していますが、全教員対象の研修を必修化し、教員の英語力を向上させます。

2.世界標準の英語教育と海外留学支援などを通して、基礎学力を底上げしグローバル人材を育成します。

3.英語科以外の全科目教員に対して研修を実施し、教員の学力を向上させます。

4.悪しき平等・画一主義から脱却し、個人の能力を真に伸ばす教育を実現します。